読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボブログボブロンガー

ボブのボブによるボブのためのブログです。

マリリンマンソン、見てきました。

ワタシが唯一関東まで足を運んでいるのがKNOTFEST。

今年も行ってきました!

やはり最高でした。

季節感も相まって、なんなら哀愁まで感じてしまった。

 

今年については、特にマリリンマンソンが最高でございました。

オーラビシビシ出まくり。

なんやかんやで色んな国内バンドのライブ行くようになってから、洋楽も少ないながらもぼちぼち見るようになりましたが、海外バンドにはいつも驚かされちゃう。

実物見たらすごかったバンド:サマソニメタリカフジロックレッチリ、ノットフェス2014のKORN...etc

ワタシの中で、今回のマリリンマンソンも追加されました。

 

ワタシのような洋楽にわかマンでも知っているような著名なバンドって、名盤とか名曲とか言われるものが必ずあって、聞いてみると曲はなるほど確かに良い感じ。

だけど音源がどれもかなり昔のものだったりして、現代の邦楽の音圧至上主義でギトギトに毒されたワタシの耳では、正直イマイチすごさが伝わらないんですよね。

というわけで、有名なバンドとかでもあんまり聴きこめなかったり、魅力が理解できなかったりすることが多いんです、ワタシは。

マリリンマンソンも例外ではなく、曲はよさげやけど、本当にすごいの?的な感じの目線でした。

 

それで今回実物を見たのですが、まあ、すごい。(KONAMI感)

奇抜な衣装とかをいち早く取り込んだような人~程度な認識でしたが、

もう本人の身体というか声から、意識というか根元から何かが出てました。

オーラ、と言ってしまうだけでは事足りない何かが、放出されまくってました。

正直怖かった。

ライブを見て怖い、って思ったのは初めてでした。

それぐらい何かが出ていた。

二年前に見たKORNを見たときに感じた衝撃とはまた違った体験でした。

こりゃあすごい人だで。

 

たまらん体験がまた一つ増えました。生きてるなあ、ワタシ。